安定収入を得るフリーエンジニアになるには

フリーエンジニアになる際にはメリットとデメリットをよく考える必要があります。
メリットとして収入が高まることを期待できることに加え、仕事を選ぶ自由が生まれます。そして、仕事を選び、それに労力を費やすほどその対価としての報酬をもらえるため、仕事に対するモチベーションを高めることができます。また、得られた実績が自分自身のものとできることから、成功を積み重ねていくことで確かな自信を手に入れて行くことができるでしょう。

しかし、デメリットとして高いモチベーションを保って仕事の獲得に努めなければ収入を失うことになるという面があります。また、企業から受けられる資格試験等への支援や福利厚生を受けることができなくなるというのもデメリットとなります。

実際問題として、支援や福利厚生は高収入を得られればカバーすることが可能ですが、仕事を失うリスクというのは切実なものです。それが心配であれば仕事の受け方から対策を立てておくと良いでしょう。保守管理を基本とするタイプのインフラ系の案件では比較的長期間契約を受けやすく、契約の継続も行いやすいという特徴があります。

自分がメインで行いたい仕事のためのスキルの他に、インフラを担えるスキルを身につけておくことによって収入を安定させることができるのです。フリーエンジニアとして安定収入を得ていくための手段としてインフラエンジニアを兼ねる道を考えておくと良いでしょう。
生産性が高い求められるフリーエンジニアへのポイントは「フリーエンジニア生産性向上委員会」をご参考にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です