フリーエンジニアのネットの事業への参加

インターネットは、社会の重要なインフラとしての役割を担うようになりました。
こうしたネットワークは、多くの著名な研究者の参加によって成し遂げられてきた経緯があります。
その歴史を知るだけでも、興味深い事実を知ることができます。
当初は軍事目的として開発されてきた情報ネットワークであり、その後大学などの学術研究機関によって、研究が進められてきました。
その後、専門家以外の企業やフリーエンジニアたちが参加し、インターネットは巨大なネットワークとして世界に拡散し始めます。

自由なインターネットのインフラを今後も維持し拡大していくためには、政府や研究者、企業のみならず、フリーエンジニアの力も不可欠です。
大きな組織に属さない自由な立場から、技術の開発やネットワーク環境の整備の業務に参加することにより、インターネットのインフラはより幅広い場所で利用されていきます。

中小企業やあるいは一般家庭でのインターネット通信の利用を支えるサービスの技術スタッフとしても、フリーのエンジニアは力になることができます。
実際に、人々のインターネットサービスの利用を支えているフリーのエンジニアたちは多く、身近にそうした人たちが活躍しています。

また、インターネットの歴史を作り出してきた著名人を知り、その世界で仕事に携わることに興味を持ったのであれば、さらにインターネットの歴史や通信技術について学び、エンジニアとして自ら活躍ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です